HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> マンガでわかる不動産売買:売却編

大津 におの不動産奮闘記、マンガでわかる不動産売買

マンガでわかる不動産売買:売却編
滋賀の不動産、滋賀県物件情報局
 
 
第1話 売却の依頼から媒介契約まで
 

売却の第一ステップは、価格査定からです。
何処の業者も無料査定サービスを行なっているはずですが、中古の一般住宅の 仲介(販売)を主力業務にしている業者に依頼することが非常に大切なポイントです。
お医者さんに内科、外科等があるように、 一言で不動産業者と言っても、自社の分譲地の販売をメインにしている業者や 賃貸をメインにしている業者といったように、いろんな業者があるからです。
広告で簡単に見分けられます。一般住宅の販売を主力業務にしている業者の広告の特徴は、まずエリア内によく入っている、新築中心ではなく、 土地も中古一戸建てもマンションも掲載している、取引 形態が仲介または媒介となっている、と言ったところです。


一般住宅の販売を主力業務にしている業者を見つけたら、査定の依頼をします。
いきなり業者へ出向くより、まず電話をしてみてください。
その時点で、不明な事や、不安な事を確認し納得のいく返事をする業者(営業マン)に 物件を見に来てもらうようにして下さい。
査定時に権利証、登記簿謄本、建築確認申請書、本人確認のための運転免許証 の提示を求められるはずですので、事前にご用意されておくと話がスムーズにいきます。


家の中(押入れの中、トイレ、浴室等も)をうろうろされますので、悪しからず。
人が1人1人違うように不動産も世の中に全く同じ物は存在しません。
相場というものが有るのも事実ですが、あくまで相場は相場です。
必ず、現地(物件)を見てもらって下さい。


以前は、カン、経験、度胸の業界だったようですが、昨今では、業者間がコンピューターで情報を流通させている時代です。
事例地に基づいた査定地価格を査定書にキチンと反映できます。
大切な財産を手放す売却価格の決め手となるのが、査定書です。
納得出来るものの提示を求めてください。


売却価格を決定する際に、売主様と業者(営業マン)と意見が食い違う事は良くあります。
いつの世も、売る側は1円でも高く、買う側は1円でも安くというものですから当然です。
しかし、営業マンは不動産のプロです。データに基づいて査定し、売れる価格を提示してます。
とりあえず、言いなりの価格で売りに出して、後でジワジワ価格を下げればいいと言う営業マンより、 キチンと相場、市況を説明して、理解してもらおうとする営業マンの方が信頼できる味方です。
(営業マンの立場から言えば単にお客様に心地よい言葉を並べたて、 言いなりの価格で売り出す方が、精神的にはずっと楽なのですが・・・・・)
気分を害する場合もありますが、客観的な意見にも耳を傾け、納得するまで相談して下さい。
価格以外にもう一つ大切なことは、明渡し可能日です。
これは売却理由により決まるケースが多いです。
転勤、住み替えの場合と、債務整理(しんどくなっての売却)では事情が違ってきますが、どちらにしても最初にキチンと決めておく必要がありますので、 本音で相談される事をお勧めします。


価格、明渡し日が決まれば、媒介契約締結の上、販売開始となります。
媒介契約は 専属専任、専任、一般と 3種類の契約形態があります。 
それぞれに一長一短有りますので、よく相談してどの契約にするか決めてください。
(業者(営業マン)は、専属専任か専任で契約したいのが本音です)
ちなみに、金銭の授受が無い契約ですが、契約は契約です。当然売主様ご本人の署名、押印です。(人の不動産は親子、夫婦であっても勝手に売れません)

 
いかがでしたか?
現在は思っている価格での売却は、なかなか難しいかもしれませんね。
また、市況・相場を把握している業者さんへ依頼しましょう。
では、次回もお楽しみに!
 
このマンガは実際の話をヒントにしたフィクションです。登場する人物、名称などは全て架空のものです。

売却編Indexへ第2話へ第3話へ


マンガでわかる不動産売買Index
 
滋賀の不動産、滋賀県物件情報局Topへ
Copyright (C) 1999 HouseAgentService All rights reserved.