HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> ”大津 にお”の不動産売買/Q&A集

大津 にお が「不動産売買質問掲示板」でお応えしたQ&A集

大津 にお”の不動産売買/Q&A集
滋賀の不動産、滋賀県物件情報局
 
 
不動産売買Q&A
■身内での売買について 2001/9/25 (火)
 
大津 におへ質問 お世話になります。

現在、私の妻の両親が現在の土地と家を私たちに売って、息子夫婦と別の地に土地と建物を新規で購入しようとしています。

私たちに売ってくれる住宅は、新築後30年もたっています。
土地代だけでいいぞとは言ってくれていますが、そのような売買は可能なのでしょうか。
譲渡とか贈与とかに値するのでしょうか?

お互いがまったくの素人なので、何をどうすれば良いのかもわかりません。損をぜずトラブらないためのアドバイスを頂けますでしょうか。

よろしくお願いします。

大津 におの回答 親子間の不動産の売買は贈与に見られる可能性がありますので注意が必要です。

まずは適正な価格で取引して下さい。

取引される価格が安すぎたり高すぎたりすると贈与があったと判断されるかも知れません。

契約書は必ず作ってください。

契約書はトラブルを防ぐためやトラブルが発生した時の為に作るものだと思います、親子間では必要ないように思われるかも知れませんが必ず作ってください。
領収書の発行も必ず行ってください。
お金の流れが分かるようにすることが目的です、売買代金等は銀行振込にされることをお勧めします。
契約書の作成や所有権の移転登記等は司法書士に依頼されることをお勧めいたします。
お知合いやご近所に司法書士がいない時は取引銀行にご相談されてはいかがでしょうか銀行と取引のある司法書士を紹介してくれると思います。

事前に物件所在地を管轄している税務署にご相談されるのが一番良い方法だと思います。

一般の方にはあまり縁がないように思われますが親切に相談に乗ってくれると思います。


 
Copyright (C) 1999 HouseAgentService All rights reserved.