HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> ”大津 にお”の不動産売買/Q&A集

大津 にお が「不動産売買質問掲示板」でお応えしたQ&A集

大津 にお”の不動産売買/Q&A集
滋賀の不動産、滋賀県物件情報局
 
 
不動産売買Q&A
■所有権移転と年金ローンについて 2002/11/20(水)
 
大津 におへ質問 登記上の所有権移転と年金から借りているローンについての質問です。

現在離婚していまして、結婚当時共有名義で購入した家に一人ですんでいます。

離婚する際に前妻分のローンを自分が支払う代わりに、前妻の持分の権利を譲り受けるという取り決めを公証役場でしました。

しかし、いざ自分の名義に変更しようと思い、前妻のローンは年金から借りているもので(残額約700万円)年金会社に問い合わせてみたところ、名義の変更は出来ないし、登記上も所有権移転は出来ないと年金の職員の方から言われました。

出来ることは彼女の名前でこれからも支払いを完了するまで続けるか、または全残額を一括で支払わないと所有権の移転は出来ないそうで、ショックを受けました。

たしかに、法律上自分のものにはなりましたが、前妻の名前の載った書類や通帳を持っているのも嫌なものです。

何か自分の名義に出来る方法はありますか?

大津 におの回答 結論から申しますと、登記は出来ます。

登記法上は、持分の移転等をすることは、書類が整っていれば問題なく出来ます。

問題は、年金と取り交わしている、金銭消費貸借契約の内容になります。

年金の許可なく、勝手に名義変更は出来ない旨の契約条項が入っているはずです。

これに基づいて、年金は出来ないと、主張しているはずです。

解決法としては、年金と協議して、登記名義人の変更および債務者変更を認めてもらうか、奥様名義借入れ分の全額返済をするかというあたりまえの方法と、強硬手段としては、名義を変更し、滌除の申し立てをするかになります。

参考までに(弁護士さんのサイト)
http://www.takahara.gr.jp/contents_law/00sub/09zouka/01.htm

強行に行く姿勢を見せると、意外と債務者変更に応じてくれたりします。

大津 におへ質問 ありがとうございます。

アドバイスをいただいてとても前向きに考えることが出来ました。

滌除の件でもう少しお伺いしたいことがあります。先に登記人変更をしてから滌除の申し立てをするのですか?
あと、滌除の申し立てというのは自分で出来るものですか?

大津 におの回答 返信を見落としてました、申し訳ありません。

滌除は所有権移転後の申し出になります。

当然ご自分でも出来ますが、やはり専門家にご相談の上進められることをお勧めします。


 
Copyright (C) 1999 HouseAgentService All rights reserved.