HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> ”大津 にお”の不動産売買/Q&A集

大津 にお が「不動産売買質問掲示板」でお応えしたQ&A集

大津 にお”の不動産売買/Q&A集
滋賀の不動産、滋賀県物件情報局
 
 
不動産売買Q&A
■錯誤による契約解除 2002/10/13(日)
 
大津 におへ質問 120世帯のマンションで付帯駐車場が50台分あるマンションを検討している復代理会社の営業マンから「駅近物件なので車を持たない人が多い」事「現在、ほぼ完売であるがまだ駐車場に空きがある」との説明を受け、また営業マンも私の車の車種などを聞き、「これなら問題なく入ります」などと話しました。

私は、マンション購入の為の予算が少し余ったので、新車の購入をするつもりである事をその営業マンと話し、すっかり付帯駐車場が使えるものと錯覚して契約しました。

ところが、後日、駐車場の希望者が多く、引渡し直前の抽選で当たらないと使えない事が分かったので、消費者契約法の適用条件である「誤認」または「断定的判断の提供」で契約の無効を申し出て解約し、別の物件を探したいのですが私の考えはおかしいでしょうか?

どうか教えてください。

先日、宅建業者事務所で新築マンションの売買契約を締結しました。

大津 におの回答 文面から解釈しますと、全くおかしくない感ですね。

但し、消費者契約法自体が施行後日が浅く、判例がないため、法律家の間でも、解釈が統一していない感があります。

一度、弁護士さんに相談されることをお勧めします。


 
Copyright (C) 1999 HouseAgentService All rights reserved.