HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> ”大津 にお”の不動産売買/Q&A集

大津 にお が「不動産売買質問掲示板」でお応えしたQ&A集

大津 にお”の不動産売買/Q&A集
滋賀の不動産、滋賀県物件情報局
 
 
不動産売買Q&A
■売り主の契約解除に伴う仲介料の支払い義務 2002/10/16(水)
 
大津 におへ質問 大手S不動産の仲介で、売り主と中古住宅の購入契約を結びましたが、売り主の都合により、契約解除を申し出てきました。

S不動産からは、先払いの80万円を含めて一般媒介契約の手数料約150万円を全額支払うように言ってきましたが、当方に落ち度があるわけではないのに、今回全額支払った上で、さらに新たな購入で合計約300万円も仲介料を支払うことには納得しかねます。

人からは、不動産の仲介は成功報酬主義であり、途中で白紙になった場合は仲介料を請求できないとの話も聞きました。

実は、手付け金の倍額返還はありそうですが、契約物件は、建て増しで容積率を越えているために公庫等が利用できず、今回住宅財形も公庫の積み立ても解約してしまたため、次回の購入には適法物件であっても低利の財形融資等が利用でいなくなってしまい、倍額返還よりもローン全体の金利損失が大きくなりそうです。

仲介手数料は、支払う必要があるのでしょうか。


大津 におの回答 ローン特約付きの契約で買主さんの住宅ローンが借りられなかった場合等の契約解約は、契約自体に条件が付いており、条件を満たさないと契約そのものが成立していないので、当然手数料は返還されます。

しかし、手付解除や、違約による契約解除の場合は、不動産業者の仲介が成功した後にどちらか一方のご都合により、契約が解除さればという解釈になります。

今回の場合は、後者にあたります。

財形の件ですが、積み立ての残高証明は有効期間があったはずです。(たしか、6ヶ月間は有効であったはずです)

次の物件でも利用できるでしょう。(残高証明をとらずに解約していれば無理ですが・・・)


 
Copyright (C) 1999 HouseAgentService All rights reserved.