HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> ”大津 にお”の不動産売買/Q&A集

大津 にお が「不動産売買質問掲示板」でお応えしたQ&A集

大津 にお”の不動産売買/Q&A集
滋賀の不動産、滋賀県物件情報局
 
 
不動産売買Q&A
■契約を解約する場合 2002/11/5(火)
 
大津 におへ質問 以前ご相談したマンションは銀行も公庫も無事にOKが出たのですが、ここへ来て他の物件も気になり出しました。

それは購入を決心する前に抽選で外れたマンションなのですが、モデルルームを随分値下げして売り出した為手が届きそうな上に今の住居の近所なので優柔不断な私は揺れています。(購入物件は駅近ですが行った事もないような場所なので)

しかしまたもや抽選と言う事なので外れる確立は99%!!

そこで、もしも抽選に登録して当選してしまい(または他物件が良くなってしまった場合)、契約済みのマンションの方を解約する場合の違約金が知りたいのです。

保全措置を取れるように本来なら価格の5%を入金して置くはずがその半額位しか私は入金していません。(後から内金の形で入れるようにとの話だったのですが、銀行でそのような行為は違法だと言われたので入れなくて結構ですと不動産会社の担当の方には言われました)

言葉足らずでわかりにくいと思いますが、取り急ぎ投稿させて頂きます。


大津 におの回答 契約書の内容がわかりませんので正確にはお答えできませんが業者売主の場合の不動産の売買契約は手付解除期日の設定が出来ませんので相手方が契約の履行に着手をするまでは手付金を放棄すること(売主からで契約を解除する場合は手付金を返還し手付金相当額を支払うことで)で契約を解除することが出来るというのが一般的な契約だと思います。

あきさんの場合は手付金として売買金額の2.5%相当額をお支払いされているので売主が契約の履行に着手していなければ手付金を放棄することで契約を解除することができると考えられます。

ただし、売主が契約の履行に着手している場合は契約違反になりますので違約金の支払いが発生する可能性がありますので必ず契約書の内容をご確認下さい。

尚、売主が売買金額の5%相当額を手付金として入金してくれといったのは宅建業法で未完成物件の場合の手付金の受領金額の上限(手付金の額が1000万円を超える場合もしくは売買金額5%を超える場合は保全処置を講じなければ受領することが出来ない)のを言っているだけだと思います。

大津 におへ質問 優柔不断な私にアドバイスをありがとうございました。

未だに揺らいでいないと言ったら嘘になりますが、とりあえず『抽選物件』で揺らぐのは止める事にしました。

なぜかと言うと、資料請求をしたのに何も届かないと言うのと、前回もこの会社の『抽選物件』に応募して外れたにもかかわらず、その売れたはずの物件の広告を平気で新聞の折り込み広告に入れてくるような会社は信用出来ないからです。

ないはずの安い物件をパンダにしてるので誇大広告になるので訴えてやれば?と不動産関係の友人に言われた事も思い出しました。

ここは腹をくくって?、自分で選んだ購入物件を可愛がるようにします。

ちょっと今の住居から遠くて見に行くのにも億劫で、尚かつ不動産会社からも何も連絡がないので・・・弱気になってしまいました。

もう少し不動産に関する勉強をするようにします。


 
Copyright (C) 1999 HouseAgentService All rights reserved.