HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> ”大津 にお”の不動産売買/Q&A集

大津 にお が「不動産売買質問掲示板」でお応えしたQ&A集

大津 にお”の不動産売買/Q&A集
滋賀の不動産、滋賀県物件情報局
 
 
不動産売買Q&A
■住宅ローン金消契約について 2001/5/23 (水)
 
大津 におへ質問 こんばんは。
私はもうすぐ住宅が完成し、今月末に入居を控えているものなのですが、金消契約についてお聞きしたいと思います。

とある地場メーカーで建築をしまして、その担当の営業さんがまだ新米で知識のあまりない方で、質問をしても奥歯に物が挟まったような歯切れの悪い言葉ばかり。でも、こちらとしていくつか疑問があがって心配なのでご質問します。

1、銀行ローンを使用予定で、近々金消契約に行く予定ですが、登記の方は表示登記だけ完了していれば問題ないのでしょうか?担当の営業の方は、「銀行に問い合わせたところ、表示登記さえあがっていれば、金消契約も可能ですし、実行も同時に行えます」と言う回答でしたが…じゃ、保存登記はその後でもいいって事なんでしょうか?また、保存登記や抵当権設定登記が完了しないうちにお金が下りるのでしょうか?

2、今の住所と建設地の住所が異なってしまうのですが、その場合、印鑑証明や住民票と言うのは新しい住所のものを用意しなければならないのでしょうか?ちなみに引越し前なので住民票はまだ異動しておりません。

すごく初歩的な質問ですが、担当の営業さんが頼りないので確認の意味でお教えいただければと思います。

大津 におの回答 まず、金銭消費貸借契約の出来る時期は金融機関により違いますので一概には言えませんが新築の場合は建物の表示登記が完了していれば出来ると思います。

住宅ローンの実行の時期も金融機関やお使いになるローンにより異なりますが建物の保存登記が完了していれば実行してくれると思います。(公庫等の公的機関の住宅ローンは保存登記と抵当権設定登記が完了した登記簿謄本が必要になります)

実際は建物の保存登記と抵当権設定登記に必要な書類を司法書士が確認し、2つの登記が問題なく出来ることを確認してから住宅ローンを実行する形になります。

住宅ローンの実行と保存登記、抵当権の設定登記を同じ日に行うとお考え下さい。

金銭消費貸借契約と登記の住所も金融機関の規定により異なりますので住宅ローンをお申込みされた金融機関に直接お問い合わせされてはいかがでしょか。


 
Copyright (C) 1999 HouseAgentService All rights reserved.