HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> ”大津 にお”の不動産売買/Q&A集

大津 にお が「不動産売買質問掲示板」でお応えしたQ&A集

大津 にお”の不動産売買/Q&A集
滋賀の不動産、滋賀県物件情報局
 
 
不動産売買Q&A
■市街化調整区域の既存宅地申請について 2001/12/10 (月)
 
大津 におへ質問 建築条件無しの土地を探しているのですが、ある不動産屋から「市街化調整区域」の土地を紹介されました。

価格は安く、広さもまずまずなのですが、市街化調整区域だと家が建てられないのでは?と思い、その不動産屋に問い合わせたところ、「既存宅地申請を済ませてあるので、家は建てられます」との答えでした。

既存宅地申請とはなんですか?

その土地を購入し、家を建築した場合の問題点などを教えてください。

(ちなみにその土地は更地です)


大津 におの回答 都市計画法では市街化を推進する地域(市街化区域)と市街化を抑制する地域(市街化調整区域)と都市計画区域外とに大きく分けられますが、この内市街化調整区域では建築が制限されています(基本的に開発許可なしでの建築はできない)

しかし、都市計画法制定前からお住まいの方や将来住宅を建築しょうと宅地を購入した方の建築を規制するというのも問題がありますので、都市計画法の施行前から宅地であったことが証明できれば建築を許可する制度がありました。

これが、既存宅地制度です。
(実際には既存宅地にも線引きが有り、市街化調整区域の中に既存宅地エリアがありそのエリア内でないとダメですが・・・)

この既存宅地も平成12年度の都市計画法の改正で廃止されました。(新い都市計画法の施行は市区町村により違います)

ただし、経過措置として新しい都市計画法施行日までに既存宅地申請をしその後都道府県知事か
ら確認を受けた宅地については、確認を受けた日から5年間は自己の居住又は業務を行うことを目的とする、建築であれば従前のとおり建築できます。

まささんのご検討されている土地この既存宅地に該当するのではないでしょうか、5年以内にご自分がお住まいになる住宅(事務所、店舗等)を建築されるなら問題は無いと思います。

大津 におへ質問 早速のご回答、ありがとうございます。
検討している土地の確認申請は、平成8年だったと思います。

ということは、5年以内に家を建てようとすると、平成13年中に建てないといけないということになりますよね。

そうすると、多分無理なんですが・・・。

それから、もしもその土地を購入し、家を建ててから何らかの事情で土地を手放そうという時、もう売りたくても売れないということにもなりますか?

大津 におの回答 新しい都市計画法施行後、5年間となりますので平成13年度中に建築しないといけないということではありません。

その土地に住宅を建築してからご売却する場合でに特に問題はないと思います。


 
Copyright (C) 1999 HouseAgentService All rights reserved.