HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> ”大津 にお”の不動産売買/Q&A集

大津 にお が「不動産売買質問掲示板」でお応えしたQ&A集

大津 にお”の不動産売買/Q&A集
滋賀の不動産、滋賀県物件情報局
 
 
不動産売買Q&A
■不動産購入について 2002/10/10(木)
 
大津 におへ質問 債権者付の不動産を購入するにあたり、契約時に申込金を支払いました。契約の時点で期限を決めて、土地の債権の整理をし、土地を引き渡すという約束を交わしたのですが、現在売り主側の弁護士から、契約金を全額支払ってもらわないと、売る(権利を渡す)ことはできないと言われました。

競売にかけられている土地は、売主から不動産屋が一旦かいとり、買い主に売るということではないのでしょうが。

大津 におの回答 通常の売買であれ、競売や破産管財物件であれ、売買代金全額の支払いと所有権移転は同時履行の関係にあり、全額支払う時に、売主から買主に移転します。

今回の場合、競売か管財物件か任意売却かわかりかねますが、同様のことが言えます。
(競売の場合、裁判所が行うセリですので、売主の弁護士云々という事はないはずです。弁護士さんが売主ということであれば管財物件のはずです)

通常の売買との違いは、売主の抵当権の抹消手続きが裁判所の職権で行われる為、所有権移転登記の後で行われることです。

競売で荒れ、管財物件で荒れ、業者が一度購入して転売する場合と、直接一般のエンドユーザーが購入する場合とがあります。


 
Copyright (C) 1999 HouseAgentService All rights reserved.